BLOG

2023/11/24 14:00

こんにちは。

ミャンマーは、11月です。日本で11月は、冬の入り口ですが、ミャンマーでは、雨期が終わり乾期へなる時期です。
この時期にミャンマーの祝日など休みが多くなるので、旅行へ行く人も見受けられます。

旅行と言ったら、『グルメ』・『観光』・『お土産』などがあります。
今回は、その中でも前回紹介をしたBilu Islandのお土産について紹介をします。

その小さな島には、黒板が特産で、独自の工芸品があります。
この黒板工芸は、日本のアート愛好者にとっても興味深いものとなるでしょう。
なぜなら、その美しさと独自性は、日本人の心を引き寄せる要素が満載だからです。

Bilu Islandとは

前回も紹介をしましたが、おさらいむ含めてもう一度ご紹介します。
Bilu Islandは、ミャンマー南東部のモン州のモーラミャインの西にある約50平方キロメートルぐらいの島のことを指します。
大きさは、大体シンガポールと同じぐらいの面積を要しています。
シンガポールと大きく異なるところしていては、緑が多く自然を感じられるところでしょうかね。
また、本土とは、橋でつながっています。陸路でも行くことができます。

Bilu Islandについては、詳しくは、こちらで紹介をしています。
あわせて見てください。

Bilu Islandの特産品

・学校の黒板
・木製パイプ
・鉛筆
・ペン
・タバコ

伝統とモダンが交わる美

Bilu Islandの黒板は、伝統的な木工技術と現代のアートデザインが見事に融合した作品が多いです。
彫刻された動植物や伝統的なミャンマーの文様が、日本の伝統美と共通する美意識を感じさせます。
その独特なデザインは、日本のアートコレクターにとって新たな発見となることでしょう。

自然と共生するアート

黒板の材料は、Bilu Islandの自然豊かなものを使用しております。
島の森から採れる特殊な木材を用い、その自然な模様や色合いを活かしています。
この自然との調和は、日本の美意識で重要視される「自然と人間の共生」のコンセプトと共通しており、日本のアート愛好者にとって心地よいものとなるでしょう。

手仕事の温かみと技術の高さ

Bilu Islandの職人たちは、手作業によって丁寧に黒板を仕上げています。
その手仕事の温かみと技術の高さは、日本の伝統的な工芸品と共通する部分があります。
日本人が大切にする「手仕事の価値」を感じながら、黒板工芸を鑑賞することができます。

観光と文化の融合

Bilu Islandの黒板工芸は、地元の文化や観光とも密接に結びついています。
訪れる者は、アートを通じて島の歴史や生活を感じることができます。
これは、日本からの観光客にとっても新しい文化への理解と共感をえられます。


また、わかりやすくこちらの動画でも紹介をしています。
ご視聴ください。

おわりに

Bilu Islandの黒板工芸は、その美しさと独自性が日本人の心を掴む要素を豊富に持っています。
伝統とモダン、自然と共生する美しさ、手仕事の温かみ、そして文化との融合。
これらの要素が、ビル島の黒板工芸を日本のアートシーンで注目される存在にしています。
ぜひ、訪れてその魅力を体感してみてください。

また興味がありましたら、ミャンマーに関することを配信しております。SNSもみていただけると幸いです。それでは次回まで。

X(旧ツィッター):https://twitter.com/sonetwetthi
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC1hL51cyTpsjtuewM3mKdmA
TikTok:https://www.tiktok.com/@sonetwetthi