BLOG

2023/12/22 14:00

こんにちは。
2023年も残りわずかとなりました。
日本に限らず世界では、12月と言えば『クリスマス』の行事は、世界共通のイベントかと思います。
ミャンマーでは、仏教を信仰している人が90%以上占める国であるため、盛大にすることがあまりありません。
ミャンマーは仏教が主要な宗教でありますが、クリスマスはなんと公共の祝日です。

ミャンマーでもクリスマスを祝う方もいますので、ミャンマーのクリスマス現状を紹介します。

日本とのミャンマーの違い

日本の若者は、彼氏・彼女と一緒に過ごすことが一般的になっております。個人を大切にする風習があります。
しかし、ミャンマーでは、家族や親戚など血族を大切にする風習があります。家族団らんで過ごします。

ミャンマーの仏教のクリスマス

仏教徒のミャンマー人は、クリスマスを特別な日と捉えていません。
しかし、クリスマスの雰囲気を楽しむために、クリスマスツリーやイルミネーションなどの装飾を施す家庭や企業もあります。
また、クリスマスの期間中は、クリスマスケーキやクリスマス料理を販売する店も増えます。

ミャンマーのキリスト教のクリスマス

キリスト教徒のミャンマー人は、クリスマスをとても大切な日としています。
12月25日は、教会で礼拝やミサが行われ、信者たちが集まって、イエス・キリストの誕生を祝います。

礼拝やミサの後は、家族や親戚で集まって、食事やプレゼントの交換をして、クリスマスを楽しみます。
キリスト教徒のミャンマー人は、クリスマスを家族や友人と過ごす大切な日としています。

ミャンマーのクリスマスを体験するなら

ミャンマーのクリスマスを体験するなら、ヤンゴンやマンダレーなどの都市部を訪れるのがおすすめです。

都心部では、仏教施設の灯りとコラボレーションされてよりデコレーションが輝きを増します。

おわりに

ミャンマーでは、あまりクリスマスを祝う習慣がありません。日本人は、あまり意識をしている人が多くはないかと思いますが、世界には宗教が意識している国がほどんどです。
ことわざに郷に入っては郷に従えを遵守して、過ごすのが一番良いでしょう。

Merry Christmas~~♪

また興味がありましたら、ミャンマーに関することを配信しております。SNSもみていただけると幸いです。それでは次回まで。

X(旧ツィッター):https://twitter.com/sonetwetthi
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC1hL51cyTpsjtuewM3mKdmA
TikTok:https://www.tiktok.com/@sonetwetthi