BLOG

2024/02/02 14:00

ミンガラーバー。


突然ながら、みなさんはミャンマー料理で【米料理・麺料理・小麦粉料理】などいろいろありますが、どんな料理が知っていますか好きですか?ミャンマーは多様な文化と伝統を持ち、その一環として美味しい料理が広がっています。

今回は、ミャンマーの料理の一つでモヒンガーと並ぶ代表的な料理の「オンノウカウスウェ」に焦点を当ててみましょう。この料理はどのようにして作られ、どのような料理かを感じることができることでしょう。


モヒンガーについては、 魚のスープの麺料理「モヒンガー」で紹介をしています。ご視聴いただけると幸いです。

オンノウカウスウェはどんな料理?

オンノウカウスウェはミャンマーの伝統的な麺料理で、クリーミーなココナッツミルクベースのスープに、鶏肉やエビ、香辛料がたっぷり・
と使われています。これにライスヌードルが加えて、トッピングに玉ねぎ、パクチー、レモン、スパイスなどが添えられます。独自の風味と深いコクが特徴です。オンノウ(အုန်းနို့)は「ココナッツ」、カウスウェ(ခေါက်ဆွဲ)は「麺」と言う意味です。
ミャンマーの家庭で最も人気のある料理の1つです。 通常、朝食や昼食に食べられます。そして、ミャンマーの伝統行事など特別な場合もでよく食べられます。

味覚の旅

オンノウカウスウェを一口食べると、濃厚なココナッツミルクのクリーミーさが口いっぱいに広がります。香辛料の絶妙なバランスが、食欲をそそります。ライスヌードルのもちもちとした食感と相まって、まさに味覚の旅が始まります。

オンノウカウスウェの作り方

材料(4人前)
ライスヌードル:200g
・鶏肉:500gぐらいあるとよい
・ニンニク:1片、みじん切り
・生姜:3片 みじん切り
・エビ:150g
・玉ねぎ:1玉
・ココナッツミルク:400ml
・レモン or ライム
・塩,こしょう:お好みで
・クミンパウダー:1小さじ
・コリアンダーパウダー:1小さじ
・ターメリックパウダー:1/2小さじ
・チリパウダーお好みで
・植物油:2大さじ
・鶏がらスープ:1リットル

調理方法
① 鶏もも肉または鶏むね肉を食べやすい大きさに切ります。エビは、殻をとってよく洗います。ニンニク、生姜、玉ねぎは、みじん切りで切ります。
②クミンパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダー、およびチリパウダーをボウルで混ぜ合わせて香辛料のブレンドを作ります。
③大きな鍋に植物油を熱し、玉ねぎ、にんにく、しょうがを炒めます。玉ねぎが透明になったら、香辛料のブレンドを加えてさらに炒め、香りを引き出します。鶏肉とエビを加え、よく混ざるように炒めます。
④ココナッツミルクを注ぎ入れ、よくかき混ぜます。中火で温めながらスープがほんのりとろみがつくまで煮込みます。
⑤鶏がらスープを加え、一緒に煮込みます。中火から弱火にかけ、鶏肉が完全に煮えるまで15-20分間煮込みます。
⑥好みに合わせて塩とこしょうで味を調整します。
⑦茹でたライスヌードルをボウルに盛り、スープを注ぎ盛り付けて完成です。

これで、美味しいミャンマー料理のオンノウカウスウェが完成です。
お好みで他のトッピングを追加したり、香辛料の量を調整したりして、自分だけのバリエーションを楽しんでみてください。

地元の食文化との結びつき

オンノウカウスウェはミャンマーの家庭で親しまれているだけでなく、地元の屋台やレストランでも広く提供されています。この料理を通じて、ミャンマーの人々が自分たちの食文化を大切にし、他者と分かち合っている様子が感じられます。

おわりに

オンノウカウスウェはミャンマー料理の中でも特に愛される一品であり、その独自の風味と美味しさは食通たちを魅了しています。ぜひ一度、ミャンマーを訪れた際には地元の屋台やレストランでこの素晴らしい料理を味わってみてください。

また興味がありましたら、ミャンマーに関することを配信しております。SNSもみていただけると幸いです。それでは次回まで。

X(旧ツィッター):https://twitter.com/sonetwetthi
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC1hL51cyTpsjtuewM3mKdmA
TikTok:https://www.tiktok.com/@sonetwetthi